キュレーションでファンを創造・育成。出願方式検索システムの導入で出願数向上を目指す。

兵庫県神戸市にキャンパスを持つ、神戸学院大学様の入試情報ポータルサイトです。9つの学部を有する総合大学として「幅広い学びができる」「国家資格合格率や就職率が高い」「産学連携の取り組みや魅力的な授業が多い」などの魅力を、過去情報を再編集したキュレーションコンテンツで発信。出願状況や入試結果といった迅速さや正確さが必須なコンテンツには独自開発CMSを導入し、ご担当者様の作業負担軽減に配慮しました。

クライアント概要
会社名
神戸学院大学
本社
神戸市西区伊川谷町有瀬518

WORKFLOW 01 - 初期提案

大学の魅力を発掘するキュレーションコンテンツを提案。

数社が参加したコンペに代理店を通じて参加し、現状課題の診断や競合サイト比較をふまえた企画、訴求力の高いデザイン、大学・学校サイトを数多く手がけてきた実績を高く評価していただき受注につながりました。入試情報の専用サイト化とスマートフォン対応による利便性向上を課題に、高校生への訴求効果が高く出願数向上につながるようなサイトをご要望でした。 神戸学院大学様は、魅力的な授業や卒業生の活躍など、高校生にアピールできる要素を多数お持ちであるにもかかわらず、サイト内やFacebookページ、ニュースサイトなどに情報が分散していてアピール不足な印象がありました。そこで、過去の取り組みを発掘して再編集するキュレーションコンテンツを新設し、情報を集約。ファンの創造・育成をコンセプトに、高校生視点での新たなアプローチをご提案しました。

また、多彩な出願方法の中から自分に合った方式を絞り込める「おすすめ出願パターン」検索コンテンツを制作。入試制度への理解を促進し、出願数向上を目指しました。

WORKFLOW 02 - 企画設計

高校生視点を意識したアプローチ。

大学のブランディングを高めるためのコンテンツを強化。具体的には、キュレーションコンテンツ「神戸学院まとめ」、女子目線に特化した「神戸学院ガールズインタビュー」、高解像度写真のスライドショーで学校施設を紹介する「キャンパスフォトツアー」、国家資格合格率や就職率の高さを見える化した「数字で知る神戸学院大学」などの特設コンテンツを多数作成しました。

コンテンツ/新規取材不要で、低コスト✕効率的に魅力を発信できる「神戸学院まとめ」

本学サイト、Facebookページ、プレスリリースなどから、過去の取り組みや印象的なニュースを収集して再編集し、大学の魅力をわかりやすく伝えるメディアを新設。公開後は大学側で運用されるため、CMSを導入して記事更新のハードルを下げています。

神戸学院まとめ

コンテンツ/女子学生増加を目指す学部にフィーチャーした「神戸学院ガールズインタビュー」

女子大と比較検討している高校生とその保護者に向けた女子特化コンテンツ。女子学生に人気の高い「栄養学部」と、女子学生増加の課題を抱えている「人文学部」の学生をピックアップし、学習環境の良さや大学・学部の魅力を女子目線で語っていただきました。地方出身女子学生のひとり暮らし例を掲載し、遠方の高校生・保護者にも安心していただけるよう配慮しました。

神戸学院ガールズインタビュー

WORKFLOW 03 - 制作開発

デザイン/楽しげな演出の中にアカデミズムを感じさせるデザインに。

学生の写真を多用した活気ある雰囲気のバナーを配置して、楽しげな雰囲気を演出しました。また、メインエリアには情報更新頻度の高いコンテンツを配置し、サイトへのリピート促進を企図。清潔感のある白をベースに、神戸学院大学のイメージカラーである青をポイントに使用し、男女どちらにも偏らず、教育力や研究力の高さを想起させるデザインを心がけました。

システム/正確・迅速な更新運用を支える独自開発CMS。

出願状況や入試結果には独自開発CMSを実装。大学のご担当者様がスムーズに情報更新できるよう、既存システムを確認した上で入力項目を慎重に検討するなど、これまでの更新フローを前提にさらに使いやすくなるよう追求しました。 簡易マニュアルをご用意したこともあり、納品後は特にお問い合わせいただくこともなくスムーズに更新運用をしていただいています。

全体レビュー (獲得成果)

大学側のプロジェクトご担当者様が9名という大人数体制だったため、サイト設計や資料準備のフェーズではそれぞれの役割を明確にしてスムーズな制作進行を心がけました。公開後には「これまで頼んだ制作会社の中で、最も良いものができた」とお褒めのお言葉をいただき、うれしい限りです。